不登校といえば

「甘えている!」

なんて声が聞こえてきます。

 

確かに行くべき学校に行かずに

家にいるのですからそう思われても

仕方ないかもしれません。

 

 

そこで今回は不登校とうのは

本当に甘えているのか?

というのを話していこうと思います。

不登校は甘えているだけなのか?

 

これは正直子供によって違うのですが

大半の子供は

甘えているわけではありません。

 

学校に行きたくてもいけない子供。

というのもたくさんいます。

 

私に相談しに来てくれた不登校の子供は

皆それぞれに理由がありました。

 

不登校になった理由
  • いじめられている
  • クラスのみんなに無視される
  • 先生に叩かれて学校にいけない

 

といったような理由で学校に

いけない子供もいるのです。

 

このような子供相手に

「無理やりにでも学校に行け!」

なんて言うのは酷な話です。

 

行かなければいけない学校から

勇気を出して逃げてきたのです。

 

そこは逆に褒めてあげないと

いけないのです。

 

子供が甘えて何が悪い?

 

子供なのですから甘えていいのです!

 

そのまま行くと将来は辛い未来が

待っているかもしれません。

 

こちらの方に書いていますが、

不登校のままずっといると

成長してからも大変です。

不登校の子供の将来はどうなる?小学生、中学、高校でなればニートに?

 

しかし、少しは休んで甘えても

いいではないですか?

 

人間ずっと心を張って生きていくのは

しんどいでしょう。

 

青春時代は大切な時間ですが

その時間を犠牲にしてでも

今は甘えておくべきなのです。

 

不登校というのは先ほども言いましたが

心の病の可能性が大いにあるのです。

 

その解決方法を何もせずに

甘えている!なんていうのは

正直言えないですよ。

甘やかすのと何もしないのは違う

 

こうゆう不登校の話をすると

必ず出てくるのですが、

 

「子供の言う事を聞いとけばいいのか?」

「親は何もしなくてもいいのか?」

 

なんて事を言ってくる人がいますが

全く違います!

 

こうゆう意味でいうと甘えているのは

親の方なんですよね。

 

この話で大切なのは不登校問題は

子供と一緒に親が向き合わないと

いけない問題なんですよね。

 

こちらの方で親が出来る対処法を

紹介していますので

合わせてお読みください!

不登校に子供がなった時に親が出来る対処法は?

 

親依存にさせない方法はあるの?

 

不登校の子供というのは勿論

親の力がないと生きていけません。

 

親の依存に繋がってしまい、

こうなってしまうと、

不登校が治るのが難しくなります。

 

不登校の最後の解決というのは

子供に自分の力で歩かせる!

 

というのを目標にしなければいけないので

親依存の状態まで行ってしまうと

それが難しくなってしまうのです。

 

ですので出来るだけ親依存を

させない方法を紹介していきます。

 

カウンセリングを受けさせる

 

不登校の子供というのは

心の病の可能性が大きいのと

出来るだけ他人と会話する。

 

というのが解決の一歩になります。

 

それでおすすめしているのは

カウンセリングです。

 

今でもカウンセリングは不登校に

効く一番の手法と言われていますから

一度は試してみましょう。

転校を考える

 

やはり不登校な子供には

心機一転頑張ってほしい

という事で転校もありです!

 

こちらの記事の方に

メリットとデメリットを

詳しく書いていますが、

不登校は転校や編入で解決できる?通える学校を見つける方法は?

 

個人的には転校はありです!

 

転校の手順は面倒なこともありますが

子供のためにしてあげることは

とても大切なのでしてあげましょう!

出来るだけ普通の会話をする

 

不登校の子供と親というのは

仲が悪くなりがちです。

 

子供に対する親の不安

子供は親に対して申し訳なさ

 

この二つの要因から普通の会話が

出来なくなってしまいます。

 

ですので出来るだけ自然に、

会話をするように心がけましょう!

 

最後に

 

今回は不登校の甘さについて紹介してきました。

 

人間の問題ですのでそれぞれに

理由や原因が違うのです。

 

大切なのはちゃんと親が

子供と向き合って不登校問題に

立ち向かっていくことですよ。

 

その姿を見ることで子供は

一歩を踏み出す勇気が出るのです。