いじめ問題というのはとても

深刻な問題なのに

未だに無くなることはありません。

 

その理由は

学校が何もしてくれない。

子供達が入れ替わる

 

この二つの理由が大きいのです。

 

さらにはいじめ再発防止法なども

ありますがここまでいじめが

再発している事実があるのです。

 

では、いじめられている子供は

どうしても助からないのか?

 

といってもそうではありません!

 

いじめにはこの解決方法が一番早く

何よりも確実にいじめから

子供を守ることが出来ます!

 

それは警察

イジメられていた事実を

相談するのです!

 

警察沙汰となれば学校も

動かざるを得なくなりますし

いじめた加害者にも責任を

取らせることがかのうになのです!

 

今回はいじめに警察を介入する方法や

どのようにして動かすかを

紹介していこうと思います!

警察を動かすのに必要な物は?

 

警察を動かすには何よりも

いじめられているという明確な証拠

です。

 

警察というのは組織の決まり上

何か被害が起きてから!

でないと動いてくれないのです。

 

これはいじめだけでなくストーカー

被害などもすべて実害が起きてから

じゃないと動いてくれません。

 

いじめ被害となると、これが

子供同士の喧嘩などで

片付けられる可能性もあります。

 

そんなことで終わらせてしまっては

いじめ問題を解決することは

残念ながらできません。

 

本当にいじめられているという

証拠を警察に提示する必要があります。

 

では状況別に証拠の集め方を

紹介していこうと思います。

 

いじめられている本人が証拠を集める場合

 

これはいじめられている本人が、

証拠を集めるという方法に

なるのですが詳しい方法は

こちらの方に書いています!

いじめの証拠を集める方法をいじめの種類別に紹介!

 

こちらの方法は少し危険ですが

確実に警察が動いてくれる証拠

掴めます!

 

ここには書いていないのですが

もう一つの方法ですが、

日記を書くことです。

 

どの日にどのような事をされたのか

というのを日記として

残しておくのはいい方法です。

 

記憶はどうしても曖昧になって

しまいますので出来るだけ明確に

残しておきましょう。

親が子供のいじめを疑っている場合

 

子供というのは基本的にですが

親にはいじめを隠してしまいます。

 

素直に相談してくれるといいのですが

それを隠してしまうのです。

 

問い詰めてもいいのですが、残念ながら

それでは警察が動いてくれる証拠には

ならないのです。

 

ではどうするべきか?

 

それは探偵を雇う事です。

 

え?探偵?と思うかもしれないですが

いじめの証拠も探偵は掴んで

くれるのです。

探偵はいじめ調査をどのようにしてくれる?

 

こればっかりは正直

警察にも学校にも出来ないのです。

 

なぜならば警察では手遅れですし

学校は掴む気がありません。

 

学校がする対応については

こちらに詳しく書いていますが、

いじめに対する学校の対応がしないに等しい!個人で出来ることは何?

今も学校でいじめが残っているのは

何もしていない証拠です。

 

いじめというのは「命」に係わる

問題なのです!

 

あなたの子供がいじめによって

自殺なんかしてしまえば

後悔しか残らないですよね?

 

それなら少しでもいじめの疑いがあるなら

探偵を使ってまずはいじめの証拠を

掴んでしまうべきです!

 

もしその結果で、

いじめられていない!

となれば安心できます。

 

しかし、いじめられているという

事実があれば、対応が遅れれば

遅れるほどトラウマとして残ります。

 

こちらに詳しく書いていますが

いじめられた子供というのは

成長してからも苦しみます。

いじめのトラウマや後遺症が酷い!社会や就職にも悪影響が!

 

ですので少しでも疑いがある場合は

こちらの方でまずは無料相談を

してみるのはいかがでしょうか??

 

無料相談はこちらから!

 

24時間いつでも対応してくれますし

相談して1週間もあれば証拠を

掴んでくれますので

早期解決につながります。

 

今だけこちらのサイトから

言っていただくと普通の料金の

40%割引してくれますので

おすすめです。

 

無料相談はこちらから!

 

警察はどの様に動いてくれる?

 

警察はいじめの加害者や学校に

事実確認をするでしょう。

 

それが証拠の無い場合は長引いて

いじめの報復も受ける可能性が

ありますが証拠を提出していれば

この作業が無くなります。

 

では次に何をするかというと、

年にもよりますが、

いじめ加害者への退学処分

窃盗剤などの適応。

 

などが行われるでしょう。

 

その後はいじめ被害者へのケアと

いじめ加害者へのしつけなどを

行ってくれます。

 

これがいじめの解決に繋がります!

 

正直これで解決しない場合や

いじめられた側や親が

納得いかない場合は裁判も可能です。

 

被害届などを出す必要がありますが

裁判になればちゃんと

いじめの加害者にも学校にも

責任を取らせることが可能です。

 

警察が介入したのであれば

被害届も流れで出せますので

打診してみてはどうでしょうか?

 

最後に

 

今回はいじめに警察の介入させるのに

どうすればいいかを紹介してきました。

 

警察はいじめを解決するための

一番の解決手段ですが

動かすのが難しいのが難点です。

 

ですが証拠を掴んでしまえば

必ず動いてくれますので

是非使うようにしましょう!!

 

それがあなたを守ることになりますし

子供を守ることにもなる事になります。