自分の子供や子供自身が

いじめられている場合には、

やはり解決したいですよね??

 

その時に一番相談するのは、

先生!

ですよね?

 

しかし、いじめ問題の解決がいまだに

長期化してしまう原因はやはり

学校や先生にあります。

 

今回は先生に相談するときに

必要な物やなぜ動いてくれないのかを

紹介していこうと思います!

なぜ先生はいじめ問題に対して動かないのか?

 

まず根本的な部分ですがいじめを

先生に相談しても解決するのは

ほとんど無理でしょう。

 

いじめ問題で難しいのは

立件するのが難しい。

という事なんですよね。

 

さらにはいじめ問題はどうしても

先生のいない所で行われますから

実際行われているかが分からないのです。

 

さらには、いじめ問題というのは

ほとんど社会現象になりますので

あまり問題を表面かさせたくありません。

 

学校にしても先生にしても

いじめがある事実!

というのは認めたくないのです。。

 

ですので相談したところで

動いてくれないという事実があります。

 

もちろん担任の個人の判断で

動くことが出来ないので結局は

学校の判断に任せられます。

 

しかし、先ほども言った通りに

学校はいじめの事実を認めたくは

ないのです。

 

 

こちらに詳しく書いていますが

学校は本当に何も動いてくれません。

いじめに対する学校の対応がしないに等しい!個人で出来ることは何?

 

これではいじめの解決になりませんし

いじめの加害者に広まると

さらに酷いいじめが待っている可能性すらあります。

 

しかし、先生に相談するときに

あるものを準備しておけば

必ず動いてくれるようになります!

 

先生に相談する前に準備するものは?

 

先生に相談する際に準備しておくものは

証拠!

です。

 

先ほども言いましたが学校や先生は

イジメの事実を隠しておきたいし

認めたくないのです。

 

しかし、いじめられている証拠があれば

解決に向けて早急に動いてくれます!

 

ですので必ず相談する前には

証拠を掴んでおくようにしましょう!

 

ではどのようにして証拠を掴んで

行くべきか紹介しますね!

自分自身がいじめられている場合

 

あなたがもし今現在いじめられている

という状況ならば必ずいろいろと

証拠を掴むようにしましょう!

 

こちらの記事に

詳しく紹介していますので

読むようにしてください!

いじめの証拠を集める方法をいじめの種類別に紹介!

 

子供がいじめられている場合

 

あなたの子供がいじめられている場合

には先ほど紹介した方法では

子供のリスクが高くなってしまいます。

 

もし、ばれてしまえば、

あなたの子供がもっと酷いいじめを

受ける可能性も高くなります。

しかも

子供というのはいじめられているのを

隠してしまう傾向があります。

 

親に心配かけたくなかったりする

などもその理由なのですが

その場合に問い詰めるのは子供の

トラウマとして残ってしまうのです。

そんな時におすすめするのが

探偵を雇う事なんです。

 

いじめ問題は長期化すればするほどに

子供の心にはとても深い傷を残します。

 

こちらに詳しく書いていますが

いじめられている子供は大人になっても

影響を及ぼしてしまうのです。

いじめのトラウマや後遺症が酷い!社会や就職にも悪影響が!

 

ですので早期解決をすることが

必須になるのですが、

学校などに任せておくと遅くなります。

 

探偵を雇うことで平均1週間で

証拠を掴んでくれるので

早期解決に繋がります!

 

まずは気楽にこちらの方で

無料相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

無料相談はこちらから!

 

24時間いつでも対応してくれますし

相談して1週間もあれば証拠を

掴んでくれます!

 

今だけこちらのサイトから

言っていただくと普通の料金の

40%割引してくれますので

おすすめです。

 

無料相談はこちらから!

 

いじめは命に関わる問題ですから

あなたが救ってあげるのが一番ですよ。

 

証拠を掴んでも学校が動いてくれない場合

 

学校や先生に証拠を持って行っても

中々動き出しが遅い場合もあります。

 

その間もいじめられているとすれば

傷が深くなっていきます。

 

そんな時に早期解決するのが

警察に相談することです!

 

警察は動いてれるとなると

強制的に解決できます。

 

いじめが酷い場合はいじめの

加害者に慰謝料請求もできます!

 

しかし、学校を動かすよりも

動かすことは難しいですので

必ずいじめの証拠を掴んで通報しましょう。

 

最後に

 

今回はいじめの相談するときに

必要な事を紹介してきました。

 

先生や学校はやはりいじめ問題は

認めたくない事案ですので

解決につなげようとしません。

 

ですのであなたや子供を守る

ためにも必ず証拠を掴んで

相談するようにしましょう!

無料相談はこちらから!