浮気の慰謝料を払うのを拒まれてる。

 

そんな悩みを持っている人が

沢山います。

 

実際に慰謝料が問題なく支払われる

のは20%以下という驚くき

結果も出ています。

 

ではその慰謝料は誰に請求できるのか?

 

どの様に請求できるのかを

紹介していこうと思います!

不倫の場合慰謝料を請求できる相手は?

 

不倫の時の慰謝料を請求できる

パターンは3パターンあります。

 

  1. 不倫をした配偶者のみ
  2. 不倫相手のみ
  3. 不倫をした配偶者と不倫相手の両方

 

という3パターンに分けることが

出来ます。

 

では細かく見ていきましょう!

 

浮気した配偶者に請求

 

1番多いパターンがこちらになります。

 

やはり結婚生活を続けてきた

パートナーに浮気されたのですから

やはり慰謝料は欲しいですよね?

 

そのくらいもらえるかは

こちらに書いていますので

合わせて読んでください。

浮気や不倫で離婚する場合の慰謝料の相場金額や計算方法は?

 

こちらは簡単にいえば

浮気をした証拠があれば

原則的に慰謝料を請求できます!

 

浮気(不倫相手)に請求

 

私という妻(夫)がいるのに

浮気したとなれば配偶者はもちろん

浮気相手にも慰謝料は請求したいですね。

 

しかし浮気相手に慰謝料を請求したい

場合には2点条件があります。

 

  • 結婚していることを知っていた。
  • 知らなくても過失がない場合

 

この二点が

最低限慰謝料をもらうためには

必要になります!

 

しかし、これには大きな壁

あるのです。

 

それは証拠があるかどうかです!

 

浮気をしている証拠ではなくて

  • 結婚していることを知っていた。
  • 知らなくても過失がない場合

 

この二つの証拠を取る必要があります!

 

しかしこの証拠を取るのは

難しいのです。

 

なんせ浮気をしている証拠ではなくて

結婚をしているのを知っている証拠

というのは個人では掴むのは不可能です。

 

そんな時に活用できるのが

探偵なんです!

 

 

探偵を使って浮気相手について、、

 

情報を集めてもらって結婚を知っていた

証拠を掴んでもらうのが現実的です。

 

なかなか近場にそのような探偵が

あることはまれです。

 

 

まずはこちらの方で

無料相談してはいかがでしょうか?

無料相談はこちらから!

街角探偵事務所で無料相談するべき理由
  • 腕のいい探偵を紹介してくれる
  • 定価の20%~40%の値引き
  • 浮気の証拠が掴めなければ0円

 

こちらの電話口で

浮気相手に慰謝料を請求するため

という事を相談してみましょう!

 

自分の条件に合わせた探偵を紹介

してくれますのでお勧めです!

 

しかし探偵というのは実力には

差がありすぎる職業です。

 

さらには探偵というのは

実力差がすごくあり、

選ぶべきポイントがいくつもあります!

いい探偵の選び方の基準や見極めるための方法!おすすめの選び方は?

 

これらを総合的に判断して選ぶのですが

それが難しいので選んでもらいましょう。

 

無料相談も5分で終わりますので

是非1度活用してみてはいかがでしょうか?

無料相談はこちらから!

探偵について知りたい人は

こちらの記事も読んでみてください。

探偵に頼んで夫(妻)が浮気していない場合はお金の無駄になる?

 

不倫をした配偶者と不倫相手の両方

 

浮気をした二人とも許せないから

請求する!

 

というのも当然の心持です!

 

気を付けてほしいことは

慰謝料の請求金額です。

 

例えば

300万円慰謝料を請求できるとしましょう。

 

不倫した配偶者

不倫した相手

 

に請求するときは

各個人に300万づつ請求

出来るわけではありません。

 

この二人に請求した金額の合計

300万円になるようにしか

請求できません。

 

 

もちろん浮気相手に

慰謝料を請求する場合には

先ほど紹介した条件が必要です。

 

そこらへんには気を付けないと

いけないですね。

 

最後に

慰謝料を請求する相手は

3パターンしかないですが

なかなか難しいものです。